• 2016年12月7日
  • 一人暮らし, 学生生活
  • 初めての一人暮らしでの部屋探し3つのポイント はコメントを受け付けていません。

初めての一人暮らしでの部屋探し3つのポイント

一人暮らしをしよう!と決めたものの
どうやって探して、どうやって物件を決めるといいのか…
悩んでしまいますよね。

部屋探しのポイントを3つあげてみました。

 
 
①1Rと1Kの違いとは
一人暮らし向けの間取りは大体1Rか1K。
この2つの違いは、“仕切りドアがあるかないか” です。

1R(ワンルーム)は文字どおり、一つの部屋。
部屋に仕切りがなく、全て繋がっています。

1K(ワンケー)はキッチンに仕切られている部屋のこと。
ドアで区切られているということが、1Kの定義。

 
ここで注意してほしいのが、1Rの広さ表記に注意!

1Rの広さ表記は、廊下も含めた広さで表記されています。

6畳と表記があっても、廊下もすべてを含んだ広さの表記なので、
日常を過ごす空間は6畳以下になる為、注意が必要です!

 
 
②アパートとマンションの違いとは
この2つの違いは、建物の構造。
アパートは階数が2階までで木造、もしくは軽量鉄骨造りが中心。
それに対し、マンションは階数に制限が無く、木造がないという点。

家賃で考えたとき、
アパート < マンション のイメージが強いですが
築年数の浅いアパートと古いマンションでは、アパートの方が高くなります。

家賃は築年数、利便性などでも変わるので、構造が家賃に関係するのはあまりないと言えるでしょう。

 
 
③引っ越しをするおすすめな時期
時期によって、引っ越し費用、家賃なども場所によって変わってきます。

まずおすすめしない月は、12月です。

大家さんはすでに来年の募集について考えていたり、12月は大体みんなが仕事・学業・プライベートで忙しくなる時期のため、新しい物件があまり出ません。

1月~3月は新生活や転勤などで、地方からの転入者が非常に多くなります。
そのため、物件数は増えますが、やはり儲かる時期!ということで家賃も高めの設定になっています。

 
おすすめな月は、6月~8月!

6月は梅雨時期で、雨が多く、蒸し暑いとなると、引っ越そうと考える方がグンっと減ります。
その分、家賃が他の月に比べて、下がっていきます。

9月に入ると過ごしやすくなる季節に入る為、引っ越そうと考える方が増える為、家賃が徐々に上がり始めます。

 
 
などなど、初めての一人暮らしの部屋探しはいろいろと不安になると思いますが、
事前に準備をして、いろんな部屋を見て、楽しい一人暮らしをしましょう!

大学生が一人暮らしにかかるその他のお金

大学生一人暮らしにかかるお金【ピンチな時の対処法】


Comments are closed.