• 2016年6月27日
  • お金
  • 消費者金融の審査では返済能力が重視されます はコメントを受け付けていません。

消費者金融の審査では返済能力が重視されます

消費者金融でお金を借りる場合は、どのような点が重視されるのでしょう。まず見られるのは収入です。

収入が無ければ返済もできませんので、お金を借りることはできません。また、信用情報もチェックされます。

信用情報にもし事故情報、いわゆるブラック情報があった場合は、収入があっても、借入は難しくなります。

では、なぜ収入のみならず、ブラック情報もチェックされるのでしょうか。それは、消費者金融での個人の借入、特に50万円ほどの借入では、無担保無保証が基本だからです。

つまり、もし返済できなくなった場合でも、回収できる担保物件も、代わりに払ってくれる保証人もないわけで、その分本人の返済能力に重きを置かれることになるのです。

ブラック情報があるということは、延滞や債務整理などで、期日までにお金を返すことが出来なかったということですので、どうしても審査には通りにくくなります。

しかし、ブラックだからすべてダメというわけではありません。中小レベルの消費者金融であれば、ブラックであっても、少額のお金なら融資をしてもらえることがあります。

また、一部大手消費者金融でも、ブラックに融資をしてくれます。この場合最初は5万円ほどの取引ですが、きちんと返済していると、借入枠を増やしてくれるようになります。

またブラックの場合、どうしても闇金に手を出したくなるものですが、絶対に利用してはいけません。元々違法業者であるため高金利でお金を貸し、返済を延滞した時の取立ても厳しいので、避けるようにしてください。


Comments are closed.